投資用物件の直接売買

今回は売主が宅建業の免許を持つ不動産会社(G社)所有のマンションを投資用として購入されたH様のケースです。

すでに不動産投資物件を複数所有されておられるH様は不動産売買の素人ではないとも言えますが、今回、新たな投資物件としてネットで見つけた物件を購入することになりました。

しかし、H様には少し不安な部分がありました。

多額の仲介手数料が不要になるという大きなメリットのある取引である一方、売主はプロの宅建業者であります。
一般の方よりも場数を踏んでいるセミプロのH様ですが、取引において仲介業者のように第三者が介入しないことで起こり得る取引や取引後のトラブル、不測の事態へのリスク。
その上に、売主作成による契約書面での取引といったことをはじめ、売主主導で取引が進められることへの不安を感じておられたのです。

第三者による取引は公平性を持たせる

売主である不動産会社の信用如何という観点からではなく、利害関係のない第三者による立会、書面による取引により、公平性を持たせたいというH様の意向により、当サポートセンターへご依頼を頂戴しました。

本来は当サポートセンターのご利用を頂かなくても無事、お取引を頂けたのかもしれません。

しかしながら、売主・買主が個人、法人、或いは宅建業者といった形態に関わらず、第三者によって取り決めされた内容でお取引をするということは、取引の公平性を持たせる意味合いではとても大きいと言えます。

無駄にしなかった金額

不動産会社による一般的な仲介手数料(売主・買主双方の合計額)   0円
不動産の直接販売サポートセンター契約書だけプラン         3万円

3万円で安心感を得ました。
※税抜価格

ご利用いただいたプラン

即日対応可能契約書だけプラン契約書作成3万円ポッキリ+税金

まずは無料のご相談から

無料ご相談はこちら

スマホから直接お電話される方はこちらをクリック → 06-6337-8600

しつこいセールスや無理な押し売りはいたしません。
お客様のご意向に沿ったサポートを私達スタッフが責任を持って行うことをお約束いたします。
どうぞ安心して、ご相談・お問合せくださいませ。