離婚による元夫婦間での売買

今回は兵庫県神戸市にお住まいのU様(元夫)とE様(元妻)とのお取引です。
離婚により夫名義の住宅を妻が購入したいというのは、離婚における売買としては一般的なケースと言えます。

当サポートセンターにおいても「離婚」によるご相談は非常に多いというのが実際のところです。

離婚による元夫婦間の売買では住宅ローンを購入者が組まれる際に金融機関が融資に積極的ではないことが多いです。

また、夫の場合はともかく、妻が購入者の場合、収入の点でローンを組むには難しいケースがあるなど「住宅ローンの利用」という点でハードルが高くなってしまうことも少なくありません。

さて、今回のケースでは?

今回のU様とE様のケースは購入者のE様(元妻)の収入等が購入するに問題のないものであったこと、籍をすでに抜かれた状況であったことからスムーズに融資の件もクリアすることができ、初回のご相談から約3週間後にはE様の所有となりました。

無駄にしなかった金額

不動産売買価格 2,900万円
不動産会社による一般的な仲介手数料(売主・買主双方の合計額)   186万円
不動産の直接販売サポートセンターのおまかせフルサポートプラン    30万円

結果、同じサービス内容であるにも関わらず156万円もお得になりました。
※税抜価格

ご利用いただいたプラン

住宅ローンを利用したい方向け不動産仲介と同様のおまかせフルサポートプラン30万円+税金+不動産登記費用+住宅ローン諸費用

まずは無料のご相談から

無料ご相談はこちら

スマホから直接お電話される方はこちらをクリック → 06-6337-8600

しつこいセールスや無理な押し売りはいたしません。
お客様のご意向に沿ったサポートを私達スタッフが責任を持って行うことをお約束いたします。
どうぞ安心して、ご相談・お問合せくださいませ。