不動産の直接売買とは

不動産会社を間に入れずに個人間で売買ができないものだろうか?

不動産の直接売買とは、売主と買主の間柄はともかくとして、不動産を知人間、親族間、(元)ご夫婦間、ご近所同士など個人間で直接売買することを言い、すでに「買主が決まっている」状態のことを言います。

そもそも、不動産を売買する際に「必ず不動産会社に仲介」をしてもらわなけらばならないといった法的な決まりはありません。
不動産売買は自由に行って頂く事が可能です。ご存知でしたでしょうか?

しかしながら、実際にはそんなに簡単なお話ではありません。
不動産取引に精通した素人の方というのもそうそうおられないハズです。

不動産の取引慣行に基づいた取り決めを行うことは当然ながら、「売買価格の妥当性」「法律」「税金」「相続」「権利問題」「住宅ローン」「登記」「決済」「代金の授受」「不動産調査」等をはじめとした多岐にわたる諸事項を全てクリア出来た上で初めて安心の取引が可能となります。

これらを「専門知識のない方」が行うにはあまりにもハイリスク&ローリターンです。

一般的に不動産会社のコストのうち、営業にかける時間と労力・広告費といったものが大きくウェイトを占めており、それらが仲介手数料でまかなわれています。

すでに売主と買主が売買に関して合意しているお取り引きであれば、「営業」にかけるコスト(時間と労力)が最大限、軽減されます。
当サポートセンターでは軽減されたコストをお客様へ定額&低価格にて安心のお取り引きを提供させて頂いております。

費用は不動産の売買価格に関わらず、

おまかせフルサポートプラン

にて、不動産仲介と同等のサービスをご提供します。

本来、不動産業者は買う人が決まっていない不動産に対して、広告を出したり、買いたい人に営業したりなどして、買主を探し、売買が成立した場合に仲介手数料を売主・買主、両方から頂戴する仕組みになっています。
売ろう、買ってもらおうの努力の結果が仲介手数料と言えます。
したがって、すでに「買主が決まっている」不動産に対しては、この仲介手数料は不要と言えます。

ムダなコストは掛けたくない。
でも、安心・安全な不動産取引はしたい!
知り合いの方と後々揉めたくない!
そのような不動産の個人間売買取引をご希望の方は売主・買主に「中立」な立場の当サポートセンターにご相談をいただくとご安心頂けます。

こんな時にご相談ください

サポート内容離婚による元夫婦間での直接売買サポート内容離婚をするので連帯保証人連帯債務から外れたいサポート内容親子間や兄弟間などの親族間での直接売買サポート内容知人隣人間での直接売買サポート内容家主賃借人間での直接売買サポート内容売却中の不動産を直接売買

直接売買のメリットデメリット

気になる費用は?

おまかせフルサポートプラン

住宅ローンを利用したい方向け不動産仲介と同様のおまかせフルサポートプラン30万円+税金+不動産登記費用+住宅ローン諸費用

契約書だけプラン

即日対応可能契約書だけプラン契約書作成3万円ポッキリ+税金

連帯保証人・連帯債務外れたいプラン

離婚で住宅ローンの連帯保証人・連帯債務から外れたいプラン10万円+税金

仲介手数料と比較すると、こんなにお得!?

不動産の売買価格による一般的な仲介手数料と直接売買おまかせプルサポートプランとの比較でこんなにもお得

サービス内容は通常の仲介取引と全く同じものでありながら、実際にどの程度コスト面でお客様にお得であるかを上表を参考にご確認ください。

例2000万円のマンションを売買する場合の一般的な仲介手数料とおまかせフルサポートプランの比較

ご相談の流れ

ご相談の流れ詳しい流れはこちら

※契約書だけプランの場合、上記1~4、6~7のみの対応となります。

ご利用可能な地域について

全国対応全国にて対応をしております。
※出張費等は発生致しません。交通費(実費分)のみご負担を頂きます。
※ご相談時の内容にもよりますので、まずはお気軽にご相談ください。
※地域によってはお断りする場合がございます。ご了承ください。

まずは無料のご相談から

無料ご相談はこちら

スマホから直接お電話される方はこちらをクリック → 06-6337-8600

しつこいセールスや無理な押し売りはいたしません。
お客様のご意向に沿ったサポートを私達スタッフが責任を持って行うことをお約束いたします。
どうぞ安心して、ご相談・お問合せくださいませ。